1. 無料アクセス解析

一ノ宮けんしの世界(一ノ宮健士)

タクシー詩人「一ノ宮けんし」ご本人の協力でこころに響く2行詩を紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西日本新聞 夕刊 2002年1月17日



西日本新聞 夕刊 2002年1月17日

タクシー詩人 みちのくを詩(うた)う。27日まで、
福岡市中央区天神のみちのく夢プラザ。
青森、秋田、岩手3県を素材にした2行詩約30点を展示。
同プラザ 092(736)1122

タクシーに乗り込み、後部座席に腰を沈めて目を閉じる。借金苦、家庭内不和・・・。脳裏に浮かぶのは、嫌なことばかり。目的地に着き、目を開けると、運転手がにっこりし、「お客さん、これをどうぞ」と色紙を差し出した。そこには、2行の詩が書いてある。

「笑って生きてん 元気を出してん」

笑顔の主が、この人だ。福岡市でタクシーのハンドルを握って2年。幼くして親と生き別れ、20代後半で手にした食料品店は近くに進出した大型スーパーの影響で10年もたたず閉店。以後、職を転々とした。「くじけなかったのは、周囲の温かさと詩作だった」
20年にわたって書きためた2行詩は1000を超える。

「人の心をほどくのもまた心」

深刻な表情を浮かべる客に運転席から色紙を差し出す日が続いた。「タクシー詩人」。いつしか、そう呼ばれ、個展を開くまでに。

実は作詞家を目指し、プロに付いて勉強したこともある。そのプロから諭された。「無名でもいいじゃないか。人に喜んでもらえれば」と。道に咲く花など身近に目にする感動を書き連ね、余分な言葉をそぎ落としていったら、2行詩にたどりついた。
最近、不況のあおりで打ちひしがれた人が目につく。こう言いたいという。

「あんたくさ自分のペースで生きてん 十に七つ失敗しても三割ばい」

一ノ宮けんしの世界
スポンサーサイト

テーマ:自己紹介 - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ichinomiyakensi.blog122.fc2.com/tb.php/37-19bcfed7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

カウンター

ワードランキング

  • SEOブログパーツ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

管理者プロフィール

arc-kazu

Author:arc-kazu
詳細は別ブログ「博多発!ささやかな幸せと安心のために」を参照してください。

管理者へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

今のあなたへの名言

スポンサードリンク

カテゴリー

一ノ宮けんしの本

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

My Yahoo!に追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。